ベントレーの中古車

ベントレーの中古車登録台数 219

ベントレーモーターズは、ウォルター・オーウェン・ベントレーが第一次世界大戦後の1919年、イギリスのロンドンに設立した高級自動車メーカー。1924年から1930年にかけて、ル・マン24時間耐久レースに参戦し、5回の優勝を果たしている。第一次世界大戦中は、航空機用のロータリーエンジンの製造でも知られていた。1998年以降は、ドイツのフォルクスワーゲングループの傘下となっており、現在はフォルクスワーゲン部門に属している。現在、コンチネンタルGTコンバーチブル、コンチネンタルGT、ニューフライングスーパー、ミュルザンヌなどのモデルがある。それぞれのモデルが、GTV8、GTSpead、W12、V8、Speadなどのクラスに分かれている。さらに、ベントレー認定中古車というものが存在し、正規輸入車で新車登録から7年、走行距離5万km以内という、厳格な認定基準が設けられ、専門のテクニカルスタッフよる点検が実施される。新車同様の信頼とサポートは、超高級車ブランドならではだ。

ボディタイプから探す - ベントレーの中古車

価格から探す - ベントレーの中古車

エンジンタイプから探す - ベントレーの中古車

ニュース - ベントレー

これが新型ベントレー「コンチネンタルGTコンバーチブル」だ…予想CG
これが新型ベントレー「コンチネンタルGTコンバーチブル」だ…予想CG
ベントレーの2ドアクーペ『コンチネンタルGT』のドロップトップバージョンとなる次期型「コンバーチブル」のレンダリングCGを、スクープサイト「Spyde...
ベントレーのPHEV、第2弾は「フライングスパー」に…680馬力で2019年登場か
ベントレーのPHEV、第2弾は「フライングスパー」に…680馬力で2019年登場か
ベントレーの最速4ドアサルーン、『フライングスパー』次期型に設定が確実視されているPHEVモデルを初めてカメラが捉えた。

試乗レポート - ベントレー

【ベントレー ベンテイガV8 海外試乗】今、あえて12気筒を選ぶ理由はあるか…西川淳
【ベントレー ベンテイガV8 海外試乗】今、あえて12気筒を選ぶ理由はあるか…西川淳
『コンチネンタルGT』や『フライングスパー』がそうであったように、W12モデルを先にデビューさせて頂点を極め、そこからある程度の数を狙うべく“ちょっと...
【ベントレー ベンテイガ 試乗】別世界に連れて行かれる…中村孝仁
【ベントレー ベンテイガ 試乗】別世界に連れて行かれる…中村孝仁
のっけからお金の話で恐縮だが、そのお値段2739万円(消費税込み)だそうである。実はこれよりも高いSUVは存在するのだが、少なくとも乗ってみた感じは、...