1シリーズ 118i ファッショニスタ(BMW)の中古車

2件中 1-2

をお気に入りに追加 在庫確認・見積り(無料)

BMW 1シリーズ 118i ファッショニスタ ACC アクティブクルーズコントロール LEDヘッドライト コンフォートアクセス 17AW シートヒーター 純正HDDナビ Bluetooth リアビューカメラ 衝突被害軽減ブレーキ リアフィルム
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 158万円
  • 170.4万円
  • 2016年
  • 2.8万km
  • 1500cc
  • 2023年2月
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:クリムゾンレッド

全国納車可能!!アフターは最寄りのBMW正規ディーラーでご入庫可能です!

BMW 1シリーズ 118i ファッショニスタ アクティブクルーズコントロール LEDヘッドライト シートヒーター HDDナビ ベージュレザー バックカメラ ミラーETC DVD再生 コンフォートアクセス 17インチAW Bluetooth
グー鑑定車
  • 外装
  • 内装
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 158万円
  • 173.3万円
  • 2016年
  • 2.6万km
  • 1500cc
  • 2022年12月
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:ミネラルホワイト

全国納車可能!!アフターは最寄りのBMW正規ディーラーでご入庫可能です!

1シリーズの中古車相場を見る 2件中 1-2

1シリーズ

BMWの1シリーズは、コンパクトなサイズで、外車初心者にもおすすめな価格も低めのエントリーモデルである。もともとはBMWのスタンダードな主力モデル、3シリーズのコンパクトが廃止されたことによりその後継としてデビューした。日本では2004年の9月に販売が開始された。全モデルを通してラグジュアリーカーとしての特性を数多く備えているが、特に走行性能・なめらかな乗り心地という意味では秀逸であり、全世界通じて「駆けぬける歓び」というBMWシリーズのテーマを体現している。ドイツ車ながら、 日本仕様のものは全てのモデルで右ハンドルに変更されているのもうれしいところだ。初代・2代目を通じてフラットタイヤが標準装備として採用されており、乗り心地の良さに貢献している。1シリーズ2代目、2011年発売の現行モデルでは、ECO PROモードに切り替えをするとシフトタイミングやエンジンのレスポンスを最適化し、エアコンも制御、低燃費走行を実現するよう調節されるようになっている。またさらに、低燃費走行を行うために役立つ情報や、通常のモードと比べてどれだけ走行距離を伸ばすことができたかがメーターパネル上に表示されるようになっている。

エリアから探す - 1シリーズ 118i ファッショニスタ(BMW)・2016年の中古車

1シリーズ(BMW)の口コミ・評価

BMWに乗っているという自己満足

4.0

BMWの一番安いクラスの車種です。内装の装備品については日本車のほうがいいと思いますし、部品交換がいちいち高いのが気になります。右ハンドルなのにウインカーは左にあるし、ライトは今どき丸形の切り替えスイッチです。ただし、今…

今時珍しい後輪駆動車

4.0

今時珍しい後輪駆動車で新しい1シリーズではすでに無くなっています。後輪駆動車ですので車内は若干狭いのですが走り心地は前輪駆動車にはない後ろから押されるような感覚があります。エコカーですがハイオクですので燃費は悪いです。右…

グレードから探す - 1シリーズ(BMW)の中古車

ページトップへ