タント X VS SAIII(ダイハツ) 福岡県の中古車

2件中 1-2

をお気に入りに追加 在庫確認・見積り(無料)

ダイハツ タント X VS SAIII 届出済未使用車 修復歴無 衝突安全装置 車線逸脱防止支援システム パーキングアシスト ヘッドランプLED EBD付ABS 横滑り防止装置 エアバッグ アルミホイール純正14インチ キーレス
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 124.9万円
  • 133.6万円
  • 2019年
  • 40km
  • 660cc
  • 2022年1月
  • 修復歴なし
  • 保証なし
  • 法定整備なし
  • 色:ライトローズ

全車修復歴無し、最大10年のロングラン保証、3か月以内返品OK!

ダイハツ タント X VS SAIII シートヒーター 修復歴無 アイドリングストップ 両側電動スライドドア エンジンスタートボタン 衝突安全装置 車線逸脱防止支援システム パーキングアシスト バックガイド ヘッドランプLED
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 119.9万円
  • 132.9万円
  • 2019年
  • 20km
  • 660cc
  • 2022年4月
  • 修復歴なし
  • 保証なし
  • 法定整備なし
  • 色:黒

ロングラン保証加入で安心のカーライフをご提案♪ご来店お待ちしております♪

タントの中古車相場を見る 2件中 1-2

タント

タントはダイハツ工業が2003年から製造・販売している軽トールワゴンである。初代から3代目までのモデルが製造されており、当初から2000mmの室内長、1700mmの車高が特徴の居住性の高い軽自動車として人気の車種になっている。初代は58馬力の直列3気筒DOHCエンジンと64馬力のターボエンジンを搭載している。福祉車両の開発にも力を注ぎ、大開口バックドアの利点を最大に利用し、車椅子のままで乗降ができるタントスローパーもラインナップしている。2013年のフルモデルチェンジまでの2代目では助手席側の後部ドアが軽自動車としては初めてスライドドアとなった。福祉車両として軽自動車としては初めて助手席に昇降シートを採用したモデルも販売開始した。2010年にはマイナーチェンジを行い、全車種でCVTを搭載した。中古車市場では2008年式以降の比較的新しい車種で走行距離が5万km程度、価格は70万円台から100万円台と値段的には高止まりしている。2013年のフルモデルチェンジでは後席がフルフラットとなり、後部ドアは両側ともスライドドアとなった。走行10km以下の「新古車」がまだ流通している。

エリアから探す - タント X VS SAIII(ダイハツ)の中古車

タント(ダイハツ)の口コミ・評価

背が高い車なので、山の中の橋の上などを走っていると風で煽られます。あと、方向指示器がとても使いにくいです。ウインカーを戻そうとすると、逆側にウインカーが出てしまい、慌てます。力加減が非常に難しいです。

4.0

背が高い車なので、山の中の橋の上などを走っていると風で煽られます。風が強い日の運転は慎重にした方がいいと思います。スライドドアは、子育てや介護をしていなくても便利だと感じます。多少スライドドアの閉まるときのゆっくりとした…

風が強いと車体が揺れ、ハンドルをとられ、パワー不足、燃費が余り良くない。

4.0

旅行するために高速道路を利用して目的地を目指して走っている時、風が強く吹いたりしたら、車体が振られ、ハンドルをとられ、しっかりと握らないと危険ですね。更に、パワー不足のために、前の車を追い越したり、車線変更するのに苦労し…

福岡県でグレードから探す - タント(ダイハツ)の中古車

ページトップへ