シビック タイプR ユーロ(ホンダ) 埼玉県熊谷市の中古車

1件中 1-1

をお気に入りに追加 在庫確認・見積り(無料)

ホンダ シビック タイプR ユーロ 6MT 専用RECAROシート コーナーセンサー HIDヘッドライト ETC車載器 純正18インチAW エンジンプッシュスタート
グー鑑定車
  • 外装
  • 内装
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 199.9万円
  • -
  • 2011年
  • 5.4万km
  • 2000cc
  • 2022年2月
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備なし
  • 色:クリスタルブラックパール:NH731P

◆商談が重なる事が増えております◆ご来場の際は在庫の有無をご確認ください

シビックの中古車相場を見る 1件中 1-1

シビック

「シビック」は本田技研工業を代表する車種の一つで、国内販売はもちろん、欧州や米国でもCセグメント・コンパクトカーの位置づけで販売実績が高い。その誕生は1972年に遡る。シビックと言えばハッチバックのイメージが強いが、発売当初は2ドア独立トランクというカテゴリーであった。初代「シビック」には二つの技術的革新が盛り込まれた。一つはオートマの先駆けとなる半自動変速機構・ホンダマチックの搭載。一つは排出ガス浄化装置のCVCCの搭載であった。折しも、世界的に必然性が高まった排ガス規制も追い風となり、「20世紀優秀技術車 70年代版」を授賞。その後、世界的シェアを不動のものとしていく。現在、中古市場で見られるのは2005年に6度目のフルモデルチェンジを受けた7代目である。「シビック」の定番であった5ドアハッチバックの位置づけは新型車のフィットに譲り、4ドアセダンのみの販売となり、合わせて駆動方式もFFのみに絞り込まれた。エンジンはより低燃費のミラーサイクルシステムを取り入れた新型を搭載、同カテゴリーでトップレベルの燃費性能を手にいれた。なお、中古市場での対抗車種はプレミオ、ブルーバード、アクセラ、ギャランなどだが、燃費性能において他車種より優位性を保っている。

シビック(ホンダ)の口コミ・評価

足として、当時の日本で最高。

5.0

私は、十代後半から二十代前半にアシとして乗っていた、初めての車です。数年で十万キロといろんな場所を訪れた思い出の一台です。私は小さなころからの、ホンダイズムの人間たちと過ごしていたので、当時VTECというメカニズムがどれ…

後部席が広く、4人乗っても安定した走りが出来る車です

5.0

このシビックは、室内が広く4人がゆったり乗れます。落ち着いたシートカラーのグレーは、スポーティーさとセダンを感じさせてくれます。1500CCクラスで、2000CCクラスの体感も感じるほどです。また、「ハンドル周りの機能」…

ページトップへ