シビック 1.8G(ホンダ) 愛知県半田市の中古車

ご希望の条件に該当する自動車は登録されていませんでした。
検索条件を変更してください。

シビック

「シビック」は本田技研工業を代表する車種の一つで、国内販売はもちろん、欧州や米国でもCセグメント・コンパクトカーの位置づけで販売実績が高い。その誕生は1972年に遡る。シビックと言えばハッチバックのイメージが強いが、発売当初は2ドア独立トランクというカテゴリーであった。初代「シビック」には二つの技術的革新が盛り込まれた。一つはオートマの先駆けとなる半自動変速機構・ホンダマチックの搭載。一つは排出ガス浄化装置のCVCCの搭載であった。折しも、世界的に必然性が高まった排ガス規制も追い風となり、「20世紀優秀技術車 70年代版」を授賞。その後、世界的シェアを不動のものとしていく。現在、中古市場で見られるのは2005年に6度目のフルモデルチェンジを受けた7代目である。「シビック」の定番であった5ドアハッチバックの位置づけは新型車のフィットに譲り、4ドアセダンのみの販売となり、合わせて駆動方式もFFのみに絞り込まれた。エンジンはより低燃費のミラーサイクルシステムを取り入れた新型を搭載、同カテゴリーでトップレベルの燃費性能を手にいれた。なお、中古市場での対抗車種はプレミオ、ブルーバード、アクセラ、ギャランなどだが、燃費性能において他車種より優位性を保っている。

シビック(ホンダ)の口コミ・評価

よく回るエンジンと軽量ボディ

5.0

ホンダシビックの4代目グランドシビックの前期型DOHCバージョンで、サンルーフが付いていました。 ボディは軽量な分剛性は弱く、軽いドアパンチでも簡単に凹んでしまう程でしたが、その分出足の速さは当時でもかなりでした。 室内…

最後の3枚ドアのシビックタイプR

4.0

現代のシビックタイプRは5ドアになり FN2型シビックタイプRユーロは最後の3枚ドアのシビックタイプRです。 生産はイギリスのスゥインドン工場という事で日本に逆輸入という珍しいクルマです。 搭載されているバッテリーも日本…

ページトップへ