いすゞの中古車

いすゞの中古車登録台数 2,411

創業1916年のいすゞは、国内の自動車メーカーにおいて日本最古の歴史ある企業である。「いすゞ」という名の由来は、伊勢神宮内宮の御手洗場ともなっている一級河川の五十鈴川に因んで付けられた。小型トラックから大型トラック、バスなどのディーゼル車両はいすゞが日本を代表し、ディーゼルエンジンにいたっては世界トップレベルを誇っている。環境と経済性能を考えたディーゼルエンジンの開発を続けており、排ガス性能、燃費性能を持つスーパークリーンディーゼルの研究は世界でも最先端を行っている。中古車はトラック、バスなどの大型車両が圧倒的に多い。乗用車の中古車は、2002年に日本国内での乗用車販売は撤退をしているため流通は少ないが、117クーペやペレットなどのクラシックカーや、ビッグホーンなどのSUV車は今でも人気がある車種である。

車名から探す - いすゞの中古車

英数字

117クーペ

117クーペ

(12)

78160万円

ア行

エルフUT

エルフUT

(6)

125189万円

カ行

ギガ

ギガ

(122)

1845,616万円

コモ

コモ

(12)

50179万円

サ行

ハ行

フォワード

フォワード

(412)

971,556万円

ベレット

ベレット

(21)

58324万円

マ行

ラ行

ロディオ

ロディオ

(4)

98148万円

その他

他 いすゞ

他 いすゞ

(25)

802,780万円

エンジンタイプから探す - いすゞの中古車

ニュース - いすゞ

いすゞの大型観光バス ガーラ、ドライバー異常時対応システムを全車標準装備
いすゞの大型観光バス ガーラ、ドライバー異常時対応システムを全車標準装備
いすゞ自動車は、大型観光バス『ガーラ』を改良、ドライバー異常時対応システム(EDSS)を全車に標準装備し、7月6日より販売を開始した。
いすゞ エルフ 塵芥車など、側方照射灯不具合でリコール 保安基準不適合のおそれ
いすゞ エルフ 塵芥車など、側方照射灯不具合でリコール 保安基準不適合のおそれ
新明和工業は6月15日、「いすゞ エルフ 塵芥車」などの側方照射灯に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。