いすゞ - 中古車

いすゞの中古車登録台数 2,223

創業1916年のいすゞは、国内の自動車メーカーにおいて日本最古の歴史ある企業である。「いすゞ」という名の由来は、伊勢神宮内宮の御手洗場ともなっている一級河川の五十鈴川に因んで付けられた。小型トラックから大型トラック、バスなどのディーゼル車両はいすゞが日本を代表し、ディーゼルエンジンにいたっては世界トップレベルを誇っている。環境と経済性能を考えたディーゼルエンジンの開発を続けており、排ガス性能、燃費性能を持つスーパークリーンディーゼルの研究は世界でも最先端を行っている。中古車はトラック、バスなどの大型車両が圧倒的に多い。乗用車の中古車は、2002年に日本国内での乗用車販売は撤退をしているため流通は少ないが、117クーペやペレットなどのクラシックカーや、ビッグホーンなどのSUV車は今でも人気がある車種である。

エンジンタイプから探す - いすゞの中古車

ニュース - いすゞ

GM、南アの商用車生産部門をいすゞに譲渡…いすゞの完全子会社へ
GM、南アの商用車生産部門をいすゞに譲渡…いすゞの完全子会社へ
米国の自動車最大手、GMは5月18日、南アフリカ共和国の商用車の生産部門を、いすゞに譲渡することで合意したと発表した。
いすゞ世界販売、7.8%減の61万台 2016年度
いすゞ世界販売、7.8%減の61万台 2016年度
いすゞは5月12日、2016年度の世界新車販売(出荷ベース)の結果を公表した。総販売台数は61万6350台。前年比は7.8%のマイナスだった。