ランボルギーニの中古車

ランボルギーニの中古車登録台数 195

イタリアの自動車メーカーとして1963年に設立されたランボルギーニ。正式名称はヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニSpAである。1963年に発表した350GTVをはじめ、カウンタックやミウラなど多くのスーパーカーを生産した。1999年からはアウディの傘下となり、ニューモデルの開発に力を入れている。主な車種に、アヴェンタドール、ヴェネーノ、ウラカンなどがある。日本の中古車市場では、ミドルクラスのスポーツカー「ガヤルド」やフラッグシップモデルの「アヴェンタドール」、ディアブロの後継車「ムルシエラゴ」が人気を博している。ダイナミックでありながらエレガントさが漂うスーパースポーツカーとして、大きな支持を受け続けている。

車名から探す - ランボルギーニの中古車

ア行

カ行

タ行

ディアブロ

ディアブロ

(12)

1,1258,500万円

マ行

その他

ボディタイプから探す - ランボルギーニの中古車

価格から探す - ランボルギーニの中古車

エンジンタイプから探す - ランボルギーニの中古車

ニュース - ランボルギーニ

ランボルギーニ、売上高が40%増と伸びて過去最高に 2018年通期決算
ランボルギーニ、売上高が40%増と伸びて過去最高に 2018年通期決算
ランボルギーニ(Lamborghini)は3月14日、2018年通期(1〜12月)の決算を発表した。
ランボルギーニ ウラカンEVO スパイダー、デザインにあの名車オマージュも…ジュネーブモーターショー2019[詳細画像]
ランボルギーニ ウラカンEVO スパイダー、デザインにあの名車オマージュも…ジュネーブモーターショー2019[詳細画像]
日本ではクーペの『ウラカンEVO』が発表されたばかりだが、ジュネーブでは早くもオープン版『ウラカンEVO スパイダー』がワールドプレミアとなった。同車...

試乗レポート - ランボルギーニ

【ランボルギーニ ウルス 試乗】拍子抜けするほどの快適さに騙されてはいけない…中村孝仁
【ランボルギーニ ウルス 試乗】拍子抜けするほどの快適さに騙されてはいけない…中村孝仁
◆ランボルギーニ的な部分は希薄になったが ◆拍子抜けするほど極上の快適空間 ◆ランボルギーニのイメージを変えたモデル
【ランボルギーニ ウラカン・ペルフォマンテ 試乗】使いきれないパフォーマンスの前に、あえなく惨敗…中村孝仁
【ランボルギーニ ウラカン・ペルフォマンテ 試乗】使いきれないパフォーマンスの前に、あえなく惨敗…中村孝仁
◆ウラカンは乗りやすいスポーツカーか ◆「コルサ」での走行はやめておいた ◆2面性どころか3面性を持ったクルマである