マツダの中古車

マツダの中古車登録台数 16,582

マツダ株式会社は、1920年に東洋コルク工業株式会社というコルクを生産する会社から始まった。その後、東洋工業株式会社に社名を改称し、工作機械の製作、3輪・4輪トラックの生産を経て、軽自動車やセダンの生産へと至る。現在の社名へと変更したのは1984年である。マツダの特徴といえる技術が「SKYACTIV TECHNOLOGY」。自動車のエンジンなどの基本性能となる技術を改めてゼロから見直し、エンジン効率の向上や低燃費化、車体の軽量化などを実現。高い走行性能・安全性を確保し、環境にも配慮した自動車を生産している。主な生産車種は、コンパクト、セダン、SUV、スポーツ、ミニバン、軽自動車などである。中古車市場では、ミニバン系のプレマシーやMPV、スポーツタイプのアクセラスポーツやロードスター、コンパクトタイプのデミオに人気が集まっている。

車名から探す - マツダの中古車

英数字

ア行

カ行

サ行

タ行

ハ行

マ行

ラ行

その他

エンジンタイプから探す - マツダの中古車

ニュース - マツダ

マツダ CX-5 改良新型…カーライフを通してお客様に笑顔を届けたい[インタビュー]
マツダ CX-5 改良新型…カーライフを通してお客様に笑顔を届けたい[インタビュー]
商品改良が行われたマツダ『CX-5』のポイントは、“走る歓び”の進化、安全性の向上、ユーザーの要望にきめ細かく応えることの3つであるという。
マツダ アテンザ 改良新型、インテリアはフルモデルチェンジに近い飛躍
マツダ アテンザ 改良新型、インテリアはフルモデルチェンジに近い飛躍
マツダ 『アテンザ』の改良は、モデルライフ途中のいわば「マイナーチェンジ」に相当するが、インテリアではフルモデルチェンジに近い飛躍を果たしていることが...

試乗レポート - マツダ

【マツダ CX-3 試乗】旧1.5Lオーナーはショック? 1.8Lディーゼルの大きな進化とは…丸山誠
【マツダ CX-3 試乗】旧1.5Lオーナーはショック? 1.8Lディーゼルの大きな進化とは…丸山誠
登場時は1.5リットルのクリーンディーゼルのみを搭載するコンパクトSUVとして注目を集めた『CX-3』。今回のマイナーチェンジを知ったSKYACTIV...
【マツダ CX-5 2.2リットルディーゼル 試乗】ここまでコスパの高いSUVを僕は知らない…中村孝仁
【マツダ CX-5 2.2リットルディーゼル 試乗】ここまでコスパの高いSUVを僕は知らない…中村孝仁
3列シートの『CX-8』がデビューし、そこに新しい2.2リットルディーゼルが搭載されていた時点で、『CX-5』にもその新しいディーゼルが搭載されるであ...