マツダの中古車

マツダの中古車登録台数 16,369

マツダ株式会社は、1920年に東洋コルク工業株式会社というコルクを生産する会社から始まった。その後、東洋工業株式会社に社名を改称し、工作機械の製作、3輪・4輪トラックの生産を経て、軽自動車やセダンの生産へと至る。現在の社名へと変更したのは1984年である。マツダの特徴といえる技術が「SKYACTIV TECHNOLOGY」。自動車のエンジンなどの基本性能となる技術を改めてゼロから見直し、エンジン効率の向上や低燃費化、車体の軽量化などを実現。高い走行性能・安全性を確保し、環境にも配慮した自動車を生産している。主な生産車種は、コンパクト、セダン、SUV、スポーツ、ミニバン、軽自動車などである。中古車市場では、ミニバン系のプレマシーやMPV、スポーツタイプのアクセラスポーツやロードスター、コンパクトタイプのデミオに人気が集まっている。

車名から探す - マツダの中古車

英数字

ア行

カ行

サ行

サバンナ

サバンナ

(4)

200598万円

スクラム

スクラム

(283)

5220万円

タ行

ハ行

マ行

ラ行

その他

他 マツダ

他 マツダ

(7)

57189万円

エンジンタイプから探す - マツダの中古車

ニュース - マツダ

マツダ アクセラ 新型、実車をスクープ!鋭い目つき、運転席も丸見え
マツダ アクセラ 新型、実車をスクープ!鋭い目つき、運転席も丸見え
マツダの欧州Cセグメント・ハッチバック『アクセラ』(海外名『マツダ3』)の新型プロトタイプを、スクープサイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。
マツダ CX-5 に2019年型、2.5ターボが米国で250馬力となる理由
マツダ CX-5 に2019年型、2.5ターボが米国で250馬力となる理由
マツダの米国部門、北米マツダは11月9日、『CX-5』(Mazda CX-5)の2019年モデルを発表した。

試乗レポート - マツダ

【マツダ CX-8 新型試乗】“自然吸気”と“ターボ”、2つの新ガソリンエンジンの性格は…片岡英明
【マツダ CX-8 新型試乗】“自然吸気”と“ターボ”、2つの新ガソリンエンジンの性格は…片岡英明
日本市場ではマツダの頂点に立つプレミアムSUVが『CX-8』だ。『CX-5』の上級のポジションを与えられ、3列シートの6人乗りと7人乗りを用意している...
【マツダ アテンザワゴン 新型試乗】「スポーツ」を名乗らずとも爽快な走り…島崎七生人
【マツダ アテンザワゴン 新型試乗】「スポーツ」を名乗らずとも爽快な走り…島崎七生人
◆サイズもユニークなアテンザワゴン ◆自然なステアリング操作 ◆日常の運転がよりスムーズに