検索結果

ご希望の条件に該当する自動車は登録されていませんでした。
検索条件を変更してください。

AZワゴン

マツダから販売されていた「AZワゴン(AZ-WAGON)」は、スズキワゴンRのOEM車にあたる軽自動車。1994年に初代モデルが登場してから、3回のフルモデルチェンジを行うも2012年に4代目を最後として販売終了となった。後継車はマツダのフレアである。初代車種は4ドアモデルがあったが、以降のモデルはすべて5ドアになる。副変速機がついたCVTによって、加速面と燃費性が向上した。10・15モードによる燃料消費率は23.5km/L、JC08モードでも、22.4km/Lと環境に対してやさしい車種である。駆動方式はFFと4WDがあり、FF車は環境性能の向上によってエコカー減税の対象車種となった。シンプルなボディながら、室内の空間は広く、多くの荷物を載せることができる。車高が高いため、頭上の空間にゆとりがうまれ、圧迫感を感じることなく乗車できる。小回りがきき視界が広く運転しやすいAZ-ワゴンは、安定した運転のしやすさから、通勤や通学にも活躍してくれる。スポーティーなデザインのため、販売終了となった現在でも、中古車としての人気が高い。

AZワゴン(マツダ)の口コミ・評価

パワーのある走りで快適

4.0

初めて自分の車を購入したのがマツダのAZワゴンでした。当時はワゴンRがものすごく流行しており、外観や内装ともにかっこよくて満足していました。軽四とは思えない広さで友人を乗せて遠出なども楽しんだものです。ターボ車だったので…

軽自動車でマニュアル車。街乗りにピッタリ。

4.0

AZワゴンでエアロパーツ付きの車でした。 見た目もカッコよくエアロパーツがつくと印象も変わり、 若者にも人気だと思います。 しかもマニュアル車で楽しく運転できました。 車内は軽自動車にしては広く、荷物もかなり載りました…

ページトップへ