Cクラスステーションワゴン C180ステーションワゴン アバンギャルド(メルセデス・ベンツ) 210万円~230万円の中古車

10件中 1-10

をお気に入りに追加 在庫確認・見積り(無料)

メルセデス・ベンツ Cクラスステーションワゴン C180ステーションワゴン アバンギャルド
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 218万円
  • -
  • 2015年
  • 7.0万km
  • 1600cc
  • 2022年3月
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備なし
  • 色:ブラックM

メルセデス・ベンツ Cクラスステーションワゴン C180ステーションワゴン アバンギャルド キーレスゴー
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 221.8万円
  • 238.9万円
  • 2015年
  • 6.1万km
  • 1600cc
  • 2022年1月
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備なし
  • 色:ホワイト

メルセデス・ベンツ Cクラスステーションワゴン C180ステーションワゴン アバンギャルド レーダーセーフティ ハーフレザー キーレスゴー 自動駐車 パワーバックドア PTS LED ETC 7速AT シートヒーター
グー鑑定車
  • 外装
  • 内装
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 225万円
  • -
  • 2015年
  • 4.3万km
  • 1600cc
  • 車検なし
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備なし
  • 色:イリジウムシルバー

シートヒーター・パワーバックドア・キーレスゴー・PTS・7速AT

メルセデス・ベンツ Cクラスステーションワゴン C180ステーションワゴン アバンギャルド フルセグHDDナビ Bカメラ ハーフレザーPシートヒーター プレセーフブレーキ ブラインドスポット&レーンキープアシスト クルコン ドラレコ アイドリングS パドルシフト 17AW ターボ 7AT
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 219.8万円
  • 239.8万円
  • 2014年
  • 4.3万km
  • 1600cc
  • 2021年12月
  • 修復歴なし
  • 保証なし
  • 法定整備なし
  • 色:ポーラホワイト

フルセグHDDナビ・Bカメラ・ハーフレザー・スマートキー・17AW

メルセデス・ベンツ Cクラスステーションワゴン C180ステーションワゴン アバンギャルド セール開催中 ベンツプロショップ セーフティ&ベーシックP 衝突軽減 ワンオーナー 前後障害物センサー ヒーター&メモリー付シート Bluetoothオーディオ 全車クレベリン施工
あんしん、まる見え。
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 224万円
  • 242万円
  • 2016年
  • 4.3万km
  • 1600cc
  • 2021年6月
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備なし
  • 色:イリジウムシルバー

自動追従 レーンキープアシスト ブラインドスポットアシスト キーレスゴー

メルセデス・ベンツ Cクラスステーションワゴン C180ステーションワゴン アバンギャルド セール開催中 ベンツプロショップ レーダーセーフティPKG 自動追従&駐車 オートテール 純正ナビ Bluetooth Bカメラ パドルシフト ブラインドスポット レーンキープ 全車クレベリン施工
あんしん、まる見え。
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 221万円
  • 242万円
  • 2015年
  • 3.1万km
  • 1600cc
  • 車検なし
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備なし
  • 色:ポーラーホワイト

衝突軽減ブレーキ、障害物センサー、キーレスゴー、ecoストップ、地デジ

Cクラスステーションワゴンの中古車相場を見る 10件中 1-10

Cクラスステーションワゴン

ミニキャブバンの歴史は古く、初代の発売は1968年にまで遡る。コストパフォーマンスと利便性に優れた軽バンは、自家用に商用に活躍し、日本の高度成長を支えてきた。フルモデルチェンジを重ねる毎に空冷エンジンから水冷へ、2サイクルから4サイクルへと劇的な進化を続け、1991年には現存モデルの原型となる660ccモデルが誕生した。最終のフルモデルチェンジは1999年で、現存中古市場で流通している大半が本モデルとなる。本モデルは長年にわたる技術の積み重ねの結晶でもあり、その信頼性の高さ、燃費性能の良さから日産自動車にOEM提供もされた。歴代ミニキャブバンが常にトップコンセプトとしてきたのは「軽バンの枠を越える広いカーゴスペース」であり、この血統は現在にまで受け継がれている。また、利便性だけでなく、安全性に対する機能も高く、フロントフレームのストレート化など衝突安全性能の強化にも余念がない。チャイルドシート固定機能付きのリア3点式シートベルトを採用するなどファミリーユースにもうってつけだ。中古市場でのライバル車種はエブリーバン、アクティバン、ハイゼットバンなど。

エリアから探す - Cクラスステーションワゴン C180ステーションワゴン アバンギャルド(メルセデス・ベンツ)の中古車

Cクラスステーションワゴン(メルセデス・ベンツ)の口コミ・評価

使い勝手のいいC200ステーションワゴン

5.0

日本でベンツといえば高級車ですが、やはり乗る価値はあると思います。 それは何かというと圧倒的な優越感。 そして誰が見てもベンツは知っています。 私がなぜC200のステーションワゴンを購入したかと言いますと、ずっと国産に乗…

最近の車に比べると燃費が悪いが運転しやすくて、安全。

4.0

大きさも程よく、運転がしやすい車で概ね気に入っています。 狭い日本の道でもすんなり運転できるし、加速も良い。小回りがとても聞くので急なUターン等も安心です。ドアの分厚さや、しっかりした座席のつくりなどはやはり日本車よりも…

グレードから探す - Cクラスステーションワゴン(メルセデス・ベンツ)の中古車

ページトップへ