デリカD:5

三菱自動車工業のデリカD:5はフロントエンジンのワンボックスミニバンの先駆けであるデリカスペースギアの後継であり、ミニバン型のスポーツ多目的車である。コンセプトはデリカD:5の特徴はその堅牢なボディと走行性能である。ボディは哺乳類の肋骨のような環状構造をしており、下部には剛性の補強部品を装備。床を低く設計することでより安定性を持たせている。当初から培ってきた四輪駆動技術をいかんなく発揮し、バランスの良いタイヤ性能を実現している。2007年に行われた自動車アセスメント衝突安全性能試験で最高評価を得ているほど安定性・安全性に優れ、長距離の移動や雪道などの悪路にも安心して乗ることができる。乗車定員は7~8人と多く、ファミリーにも適している。車内は広く、大柄な大人でも快適なゆったりとした造り。フラットな床で小さな子供でも乗り込みやすくなっている。また、最後列のシートは荷室側から前後に大きくスライドできるので大きな荷物も積み込みが可能となっている。2012年にはデリカファンの要望を受けてガソリン車だけでなく、燃費と環境性能の優れたクリーンディーゼル車タイプも導入した。中古の価格相場は約60万円~370万円。

エリアから探す - デリカD:5 M リミテッドパッケージ(三菱)の中古車

デリカD:5(三菱)の口コミ・評価

街乗りでも悪路でも乗り心地最高。燃費もよし

4.0

何よりもまず乗り心地が良い。走行性や安定性が高く、悪路や凸凹道でもストレスなく乗ることができる。雪が降る地域に住んでいるのでこのように走破性の高い車は安心感がある。 ワンボックスカーだが加速が良くノイズもほぼ気にならない…

ディーゼルエンジン特有のトルクがある乗り味

5.0

外装はオフロード感のある武骨なデザインで、ミニバンではこの車唯一であり気に入っている。 内装は可もなく不可もなく、普通といった感じ。3列目のシートは重いため女性がたたむのは厳しいと感じる。 また、テールゲートも重く、電動…

ページトップへ