三菱ふそうの中古車

三菱ふそうの中古車登録台数 2,129

三菱ふそうは略称で、正式会社名は三菱ふそうトラック・バス株式会社である。ドイツのダイムラー・グループの傘下となっている。会社名の通り、小・中・大型トラック、観光バス、路線バスの商用車を始め、防衛省向けのトラックや、国土交通省排出ガス規制に対応した、発電機・ショベルカー・クレーン車などの産業用ディーゼルエンジンの製造も手掛ける。三菱ふそうの商用車は世界150か国以上の国で使用され、特にアジアを中心とした地域にその名を轟かせている。環境への影響が大きい商用車を製造しているだけに、地球温暖化、環境汚染、省資源、リサイクルに積極的に努め、2年連続で省エネ大賞を受賞した。中でも小型トラックのキャンターシリーズからは、エコカー減税対象車も発売されており、「キャンターエコハイブリッド」は商用車初のカーオブザイヤー特別賞を受賞している。昨今、女性トラックドライバーが増えたこともあり、女性のためのキュートなデザインのトラックを開発し、女性の社会進出にも敏感な企業だ。

車名から探す - 三菱ふそうの中古車

カ行

サ行

ハ行

ファイター

ファイター

(342)

681,058万円

ラ行

ローザ

ローザ

(81)

68751万円

その他

他 三菱ふそう

他 三菱ふそう

(30)

602,398万円

ボディタイプから探す - 三菱ふそうの中古車

エンジンタイプから探す - 三菱ふそうの中古車

ニュース - 三菱ふそう

三菱ふそうトラック・バスの寒冷地試験に同行取材…どんなテストをしているのか?
三菱ふそうトラック・バスの寒冷地試験に同行取材…どんなテストをしているのか?
◆トータル4000km超、リアルワールドでしか得られないこと ◆シミュレーションを実走試験で確認 ◆三菱ふそう独自で開発したスマホアプリでデータ送信 ...
三菱ふそう、「ミライ」プロジェクトをスタート…国内販売拠点を改善へ
三菱ふそう、「ミライ」プロジェクトをスタート…国内販売拠点を改善へ
三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)は3月18日、国内販売拠点改善を目的とした「ミライ」プロジェクトを発足、2019年は最大で50億円の投資を行うと...