オッティ S(日産) 九州の中古車

5件中 1-5

をお気に入りに追加 在庫確認・見積り(無料)

日産 オッティ 660 S CDチューナー 社外アルミホイール付
あんしん、まる見え。
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 38.5万円
  • -
  • 2006年
  • 6.2万km
  • 660cc
  • 車検整備付
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:シルバー

平成18年式、オッティ入りました。CDチューナー、ハロゲンヘッドランプ、社外アルミホイール付。

日産 オッティ S タイミングベルト交換済 キーレス SDナビ地デジTV
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 9.8万円
  • 16.9万円
  • 2006年
  • 10.6万km
  • 660cc
  • 車検整備付
  • 修復歴なし
  • 保証なし
  • 法定整備つき
  • 色:ランスブルー

S タイミングベルト交換済 キーレス SDナビ地デジTV

日産 オッティ S キーレス CD 電動格納ミラー シートリフター フル装備
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 9.9万円
  • -
  • 2006年
  • 24.6万km
  • 660cc
  • 車検なし
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備なし
  • 色:ホワイト

タイミングベルト22・1万Kで交換済・キーレス・CD (リ代9110円)

日産 オッティ S キーレス・CD・ベンチシート・フル装備・エアバック
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 9.8万円
  • 19.8万円
  • 2006年
  • 14.1万km
  • 660cc
  • 車検整備付
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:シルバー

車検2年付き渡し タイヤ新品

日産 オッティ S HDDナビ ワンセグTV ベンチシート 走行8万km
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 8万円
  • 13万円
  • 2006年
  • 8.0万km
  • 660cc
  • 車検整備付
  • 修復歴なし
  • 保証なし
  • 法定整備つき
  • 色:ホワイトパール

車検2年渡し

オッティの中古車相場を見る 5件中 1-5

オッティ

日産
オッティ

中古車価格 0.1~66万円 口コミ・評価 3.9点(32件
実燃費 18.60km/L(30位/226車種

「オッティ」は、三菱と日産の共同プレリリースモデルで、eKワゴン及びeKスポーツのOEM供給合意によって2005年に販売が開始された軽自動車である。日産の軽自動車としてはモコに次ぐ2車種目のモデルとなる。下からS、E、RS、RX、4つのグレード構成で、全グレードに4輪駆動車が用意されている。660cc直列3気筒のNAエンジンがメインだが、RXグレードにはインタークーラーターボが設定されている。4速ATトランスミッションのほか、Sグレードには3速ATと5速MTがあり、日常での使い勝手が良く、幅広い年齢層から支持されている。カジュアルな外観、スタイリッシュな内装など、女性をターゲットにしたモデルで、車体の形状や価格から、ホンダのライフや、ダイハツのミラ、スバルのステラと比較されることが多い。燃費はグレードや走り方によっても違ってくるが、平均は17~20km/Lほどと決して悪くはない。中古車市場での価格帯は60~90万円台が中心になっている。2013年、5ドア軽トールワゴン「デイズ」の発売にともない、オッティは販売終了となった。

エリアから探す - オッティ S(日産)の中古車

オッティ(日産)の口コミ・評価

軽いハンドル操作で小回りが効きます。スタイリッシュなデザインでどんなシーンでも使える車です

4.0

まず外観は軽自動車とは思えないスタイリッシュさがあり、とてもかっこいいデザインです。普段の買い物、通勤、送り迎えなどとても汎用性のある車だと思います。車内は足元が広く、また高さも充分で窮屈感は全くありません。運転席と助手…

初心者が気楽に乗れる

4.0

私が大学3年で免許を取ってすぐ、父がこちらの車に買い替え、私のような初心者でも無理なく乗れるものを選んでくれました。教習車とは違い、サイドブレーキがハンドルの左後ろから飛び出ているタイプでしたので、最初は戸惑いましたが、…

ページトップへ