ティーダ 15M SV+プラズマ(日産) 埼玉県の中古車

6件中 1-6

をお気に入りに追加 在庫確認・見積り(無料)

日産 ティーダ 15M SV+プラズマ禁煙ナビ地デジバックカメラインテリキー
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 33万円
  • 44.7万円
  • 2011年
  • 3.9万km
  • 1500cc
  • 2020年11月
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:パールホワイト

♪ETC♪Bluetooth♪社外アルミ♪USB接続♪ハーフレザーシート

日産 ティーダ 15M SV+プラズマ 新品ワンセグ付ナビ 新品ドラレコ
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 17.9万円
  • 32.9万円
  • 2011年
  • 4.2万km
  • 1500cc
  • 車検なし
  • 修復歴あり
  • 保証あり
  • 法定整備なし
  • 色:ブラック

チェーンベルト♪お支払い総額32.9万円で車検2年付♪

日産 ティーダ 15M SV+プラズマ アンシャンテ ナビ TV ETC
グー鑑定車
  • 外装
  • 内装
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 39万円
  • 59万円
  • 2012年
  • 4.5万km
  • 1500cc
  • 2021年1月
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:ブラウン

法定整備代金込み!!ご希望整備も承ります♪♪

日産 ティーダ 15M SV+プラズマ 純SDナビ インテリキー オートAC
グー鑑定車
  • 外装
  • 内装
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 34万円
  • 49.8万円
  • 2012年
  • 4.1万km
  • 1500cc
  • 車検整備付
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:ホワイトパール3P

プラズマクラスタオートAC フルセグTV Bluetooth 半革シート

日産 ティーダ 15M SV+プラズマ メモリーナビ バックカメラ ETC
グー鑑定車
  • 外装
  • 内装
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 39.8万円
  • 49.8万円
  • 2012年
  • 0.4万km
  • 1500cc
  • 車検整備付
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:ゴールドM

メモリーナビ インテリキー バックカメラ ETC フルセグ 電格ミラー

日産 ティーダ 15M SV+プラズマ  ナビ TV 禁煙 HID
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 39万円
  • 62.8万円
  • 2012年
  • 3.3万km
  • 1500cc
  • 車検なし
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:ブラックM

HIDライト ETC オートエアコン プラズマクラスター付き

ティーダの中古車相場を見る 6件中 1-6

ティーダ

日産ティーダは、ハッチバック型の乗用車で、日本では2004年から2012年まで生産販売されていた。海外ではそれ以降も製造が継続されている。同じ日産内ではパルサーやサニーにもハッチバックモデルがあり、それらの実質後継車と位置づけられることが多い。ボディサイズについては、近年、ティーダクラスのモデルは大型化し、3ナンバーボディーに移行する傾向があるのに対し、5ナンバーのサイズにとどまっている。これはコンパクトということにこだわり、幅の狭い日本の道路でも小回りがきいて、走りやすいということを重要視しているためである。それでいて、後部座席のスライドが長く、後部座席のニースペースは、高級車のシーマ以上である。また荷室長も、同じ日産のワゴン、ウィングロードと同等である。またシートは余裕のあるサイズが採用されており、ダッシュボードにはアルミのような外見のパネルが入っているなど、室内空間は小型車の枠を超えたクオリティーの高さである。ティーダ全モデルを平均的に見た場合、リッターあたり16kmほどで、このクラスの車としては燃費効率がよい。2008年以降に製造されたモデルには、瞬間燃費計も搭載されている。2010年から販売された2WD車には「ECOモード」機能が装備され、エクストロニックCVTとエンジンの制御がスイッチひとつでできるようになっている。そのため発進また加速時のエコドライブが簡単になった。

エリアから探す - ティーダ 15M SV+プラズマ(日産)の中古車

ティーダ(日産)の口コミ・評価

街中では特に問題ないが、長距離運転だと物足りない

3.0

買い物や駅までのお迎えなど、街中での走行には全く不満はもっていない。小回りが利くので、駐車スペースの狭い都心部では非常に便利。ただし、長距離運転や高速道路での走行時は車体が軽く感じ、スピードを出して運転すると風にあおられ…

外見は上品だけど、内部はコストカットの極み

4.0

日産の車の足回りが、硬い感じから猫足に変わった時期の車でした。ごつごつしていないので、高級感なのかと思いましたが、数年で劣化しました。FFを生かして当時の日産のセダンでは一番広いことを売りにしていましたが、空力のためにフ…

ページトップへ