ロールスロイスの中古車

ロールスロイスの中古車登録台数 101

ロールスロイスは、出資者チャールズ・S・ロールズ、技術者フレデリック・H・ロイスの二人が1906年に創業したイギリスの自動車メーカーである。高級車ブランドとして世界に知られており、日本でもステータス性の強い車となっている。傘下にベントレーを加えるなど規模を拡大し、高級車メーカーとしての地位を維持し続けたが、その後BMWに買収された。現在は新設したロールス・ロイス・モーターカーズ社で高級車の製造を行っている。主な車種に、高級レザーを使用した内装と前後観音開きのドアを持つ、ツインターボエンジン搭載の「ゴースト」や、最新の素材を使った独特の高級感が魅力の最高級モデル「ファントム」などがある。中古車市場においても、ファントムやゴーストの人気は常に高い。

人気ランキング - ロールスロイスの中古車

1
ファントム

ファントム

690~5,980万円

2
レイス

レイス

2,350~3,900万円

3
ゴースト

ゴースト

1,080~3,880万円

4
ゴーストII

ゴーストII

2,450~3,580万円

5
ドーン

ドーン

3,480~4,580万円

車名から探す - ロールスロイスの中古車

カ行

ゴーストII

ゴーストII

(6)

2,4503,580万円

サ行

タ行

ドーン

ドーン

(9)

3,4804,580万円

ハ行

ラ行

レイス

レイス

(16)

2,3503,900万円

その他

ボディタイプから探す - ロールスロイスの中古車

価格から探す - ロールスロイスの中古車

エンジンタイプから探す - ロールスロイスの中古車

ニュース - ロールスロイス

ロールスロイス世界販売が115年の歴史で過去最高、初のSUV『カリナン』効果も 2018年
ロールスロイス世界販売が115年の歴史で過去最高、初のSUV『カリナン』効果も 2018年
ロールスロイスモーターカーズ(Rolls-Royce Motor Cars)は1月10日、2018年の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は同社の...
国産のオープンカーで新天皇パレードへ、旧式ロールスロイス走行不能で[新聞ウォッチ]
国産のオープンカーで新天皇パレードへ、旧式ロールスロイス走行不能で[新聞ウォッチ]
新しい天皇・皇后両陛下が国民の祝福を受けるパレードが予定されているが、そのパレードに使われるオープンカーについて、政府は、国内の自動車メーカーに新たに...

試乗レポート - ロールスロイス

最高級のSUV ロールスロイス「カリナン」は、やはり最高級の乗用車だった
最高級のSUV ロールスロイス「カリナン」は、やはり最高級の乗用車だった
◆最高級のSUV、カリナンに西川淳氏が試乗 ◆どんなサルーンと比べても圧倒的に静か(ファントムを除く) ◆2.6トンの塊がロードスターのように駆け抜け...
【ロールスロイス ファントム 後席試乗】エンジンのついた魔法の絨毯…諸星陽一
【ロールスロイス ファントム 後席試乗】エンジンのついた魔法の絨毯…諸星陽一
ロールスロイスのなかでも最上級とされる『ファントム』が2018年、14年ぶりにフルモデルチェンジし8代目となった。