ロールスロイスの中古車

ロールスロイスの中古車登録台数 98

ロールスロイスは、出資者チャールズ・S・ロールズ、技術者フレデリック・H・ロイスの二人が1906年に創業したイギリスの自動車メーカーである。高級車ブランドとして世界に知られており、日本でもステータス性の強い車となっている。傘下にベントレーを加えるなど規模を拡大し、高級車メーカーとしての地位を維持し続けたが、その後BMWに買収された。現在は新設したロールス・ロイス・モーターカーズ社で高級車の製造を行っている。主な車種に、高級レザーを使用した内装と前後観音開きのドアを持つ、ツインターボエンジン搭載の「ゴースト」や、最新の素材を使った独特の高級感が魅力の最高級モデル「ファントム」などがある。中古車市場においても、ファントムやゴーストの人気は常に高い。

人気ランキング - ロールスロイスの中古車

1
ゴースト

ゴースト

1,338~5,480万円

2
ファントム

ファントム

1,250~7,480万円

3
レイス

レイス

1,970~3,048万円

4
ドーン

ドーン

3,480~4,400万円

5
ゴーストII

ゴーストII

1,978~3,180万円

ボディタイプから探す - ロールスロイスの中古車

セダン クーペ オープンカー

価格から探す - ロールスロイスの中古車

エンジンタイプから探す - ロールスロイスの中古車

乗車定員から探す - ロールスロイスの中古車

装備から探す - ロールスロイスの中古車

ニュース - ロールスロイス

トヨタ センチュリー のSUVが出るんだって?! 和製ロールスロイス カリナン の登場は近い
トヨタ センチュリー のSUVが出るんだって?! 和製ロールスロイス カリナン の登場は近い
心の底からぶったまげ! 読者はほぼ全員、扉の文字と同感だろう。『ベストカー』の月号で2023年の第1号となる1月10日号の巻頭スクープは、なんとトヨタ...
ロールスロイス初のEV『スペクター』、「魔法のじゅうたん」のような乗り心地が進化
ロールスロイス初のEV『スペクター』、「魔法のじゅうたん」のような乗り心地が進化
◆新しい「プラナー・サスペンション」 ◆コーナーを検知するとダンパーを硬くし四輪操舵システムを準備 ◆アルミ押出材とバッテリーの車両構造への一体化によ...

試乗レポート - ロールスロイス

【ロールスロイス ゴースト 新型試乗】“クルマにすべてをお任せください”という哲学…九島辰也
【ロールスロイス ゴースト 新型試乗】“クルマにすべてをお任せください”という哲学…九島辰也
ファントムの弟分である2世代目ゴーストが誕生した。ショーファードリブン色の強いファントムとは違いドライバーズカー的要素が強い。その証拠にゴーストの派生...
【ロールスロイス ゴースト 新型試乗】10年ぶりの刷新 "究極の贅沢"は、"脱贅沢"から…
【ロールスロイス ゴースト 新型試乗】10年ぶりの刷新  "究極の贅沢"は、"脱贅沢"から…
栃木県日光の中禅寺湖畔にこの春オープンした、世界的に有名なラグジュアリーホテルチェーン「ザ・リッツ・カールトン 日光」で行われたのは、この度9月に発表...