スバルの中古車

スバルの中古車登録台数 15,534

富士重工業株式会社は、航空機メーカーの中島飛行機を前身として、1953年に設立された。スバルとは、1958年に発売された軽自動車「スバル360」より使用されている、自動車部門におけるブランド名である。スバルの自動車開発では、どのような気象条件下・路面状況においても走行時の安全性を保つこと、いかなる状況でもドライバーの意図する走りを実現できることに力を入れている。こうした安全性と走行性の追求から開発された技術が、水平対向エンジンと前輪駆動であり、これらに支えられた高い安全性には根強い人気がある。また、2008年には追突を防止する安全技術システムであるEyeSightを搭載した車種も発売された。生産車種は、ワゴン、セダン、ミニバン、SUV、スポーツ、コンパクト、軽自動車。中古車市場では、レガシィツーリングワゴンやSUVのフォレスター、スポーツタイプのレヴォーグ、軽自動車が人気である。

車名から探す - スバルの中古車

英数字

360

360

(21)

69200万円

BRZ

BRZ

(275)

107490万円

R1

R1

(171)

7148万円

R2

R2

(528)

0.1113万円

ア行

サ行

タ行

ハ行

ラ行

その他

他 スバル

他 スバル

(3)

2656万円

エンジンタイプから探す - スバルの中古車

ニュース - スバル

今年の漢字は「災」---豪雨で工場停止のマツダ、相次ぐ不正発覚のスバル、日産は「ゴーン逮捕」で混迷[新聞ウォッチ]
今年の漢字は「災」---豪雨で工場停止のマツダ、相次ぐ不正発覚のスバル、日産は「ゴーン逮捕」で混迷[新聞ウォッチ]
2018年の世相を表す「今年の漢字」に「災」が選ばれたという。6月の大阪北部地震に始まり、広島に本社工場を構えるマツダなどが稼働を一時休止したほどの被...
スバル、製造部門担当役員を一新 大河原正喜氏が代表取締役を辞任
スバル、製造部門担当役員を一新 大河原正喜氏が代表取締役を辞任
SUBARU(スバル)は12月11日、製造担当取締役 大河原正喜氏の代表取締役辞任を発表した。

試乗レポート - スバル

【スバル フォレスター 新型試乗】X-BREAKこそ、フォレスターの真打ちだ…中村孝仁
【スバル フォレスター 新型試乗】X-BREAKこそ、フォレスターの真打ちだ…中村孝仁
◆X-BREAKこそ、フォレスターの真打ち ◆3つの訴求ポイント ◆泣き所はやはりCVTのリニアトロニック ◆使い倒せる道具感に満ち溢れている
【スバル フォレスター 新型試乗】e-BOXERより素直なトルク感が好印象な2.5リットル…中村孝仁
【スバル フォレスター 新型試乗】e-BOXERより素直なトルク感が好印象な2.5リットル…中村孝仁
◆2.5リットル4気筒の「プレミアム」を公道試乗 ◆e-BOXERを搭載する「アドバンス」との違い ◆素直なトルク感に好印象