スバルの中古車

スバルの中古車登録台数 14,571

富士重工業株式会社は、航空機メーカーの中島飛行機を前身として、1953年に設立された。スバルとは、1958年に発売された軽自動車「スバル360」より使用されている、自動車部門におけるブランド名である。スバルの自動車開発では、どのような気象条件下・路面状況においても走行時の安全性を保つこと、いかなる状況でもドライバーの意図する走りを実現できることに力を入れている。こうした安全性と走行性の追求から開発された技術が、水平対向エンジンと前輪駆動であり、これらに支えられた高い安全性には根強い人気がある。また、2008年には追突を防止する安全技術システムであるEyeSightを搭載した車種も発売された。生産車種は、ワゴン、セダン、ミニバン、SUV、スポーツ、コンパクト、軽自動車。中古車市場では、レガシィツーリングワゴンやSUVのフォレスター、スポーツタイプのレヴォーグ、軽自動車が人気である。

車名から探す - スバルの中古車

英数字

360

360

(23)

66229万円

BRZ

BRZ

(189)

86385万円

R1

R1

(143)

2115万円

R2

R2

(336)

0.1113万円

ア行

サ行

タ行

ハ行

ラ行

その他

他 スバル

他 スバル

(3)

55120万円

エンジンタイプから探す - スバルの中古車

乗車定員から探す - スバルの中古車

装備から探す - スバルの中古車

ニュース - スバル

スバル、販売台数半減で営業赤字157億円 2020年4-6月期決算
スバル、販売台数半減で営業赤字157億円 2020年4-6月期決算
SUBARU(スバル)は8月4日、2020年4〜6月期(第1四半期)の連結決算を発表。新型コロナウイルス感染拡大による販売減少により、157億円の営業...
スバル 中村社長「米国販売60万台確保し通期黒字に」…第1四半期営業損益は157億円の赤字
スバル 中村社長「米国販売60万台確保し通期黒字に」…第1四半期営業損益は157億円の赤字
SUBARU(スバル)が8月4日に電話会議で発表した2021年3月期の第1四半期(4〜6月期)連結決算は、新型コロナウイルスの感染拡大により、営業損益...

試乗レポート - スバル

【スバル インプレッサ&XV 新型試乗】低重心のインプレッサが備える魅力を再確認…渡辺陽一郎
【スバル インプレッサ&XV 新型試乗】低重心のインプレッサが備える魅力を再確認…渡辺陽一郎
スバルは車種数の少ないメーカーだから、不人気車が生じると国内販売も揺らぎかねない。そこで改良を頻繁に行う。エンジンを水平対向4気筒に限り、プラットフォ...
女性レーサー猪爪杏奈が『WRX STI ファイナルエディション』に試乗「オーナーに会ったら話しかけたい!」
女性レーサー猪爪杏奈が『WRX STI ファイナルエディション』に試乗「オーナーに会ったら話しかけたい!」
スバルの水平対向エンジン「EJ20」の生産終了に伴い555台限定で最終型として発売された『WRX STI EJ20 ファイナルエディション』を、東京と...