フォレスター 2.0i-L アイサイト(スバル) 大阪府の中古車

2件中 1-2

をお気に入りに追加 在庫確認・見積り(無料)

スバル フォレスター 2.0i-Lアイサイト ナビ+リヤカメラ+ETC2.0
あんしん、まる見え。
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 187万円
  • 200.1万円
  • 2017年
  • 2.7万km
  • 2000cc
  • 車検整備付
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:ヴェネチアンレッドパール

オンライン商談推奨店 ご納車時当社指定新品タイヤへ交換いたします!

スバル フォレスター 2.0i-L アイサイト 後期E型 4WD 禁煙車 アドバンスドセーフティPKG 社外ナビ バックカメラ LEDヘッドライト ETC 電動リアゲート パワーシート シートヒーター ドラレコ Bluetooth レーンアシスト
グー鑑定車
  • 外装
  • 内装
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 229.9万円
  • 247.4万円
  • 2017年
  • 2.7万km
  • 2000cc
  • 車検整備付
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:クリスタルブラック・シリカ

アドバンスドセーフティPKG 社外ナビ バックカメラ LEDヘッドライト

フォレスターの中古車相場を見る 2件中 1-2

フォレスター

スバルのフォレスターは、1997年にデビューしたクロスオーバーSUV(セダンやハッチバックと共通のプラットフォームの、乗用車をベースとするSUV)である。トランスミッションやエンジンがシンメトリーに、一直線上に配置されており、重量のあるトランスミッションは車体の中心の近くに設置されている。またエンジンは全高が低く、水平対向であるため低重心で、全車輪にかかる重量の際バランスの良さを実現している。このシンメトリカルAWDのおかげでオフロードも高速道路も、雪道などの悪路も安定した走りが可能となっている。長時間の高速道路の走行時の疲れも起こりにくい。走行安定性という面でも、一部モデルではアクティブトルクスプリットAWDが搭載されていることにより前輪・後輪へのトルクの配分が最適になるよう調節されているため、コーナーに進入する際に安定した走行がしやすい。また雨や雪で路面が滑りやすくなっているときも発進しやすくなっている。リッターあたりの燃費は平均10km〜12kmほどとなっている。中古のフォレスターの価格は、モデルや装備によって大きく変わってくるが、150万~350万円ほどとなっている。

エリアから探す - フォレスター 2.0i-L アイサイト(スバル)・2017年の中古車

フォレスター(スバル)の口コミ・評価

悪路走破性は抜群、雪道もへっちゃら。

4.0

今年も鳥取県では雪が例年に比べてとても多く、フォレスターは大活躍してくれました。20センチくらいの雪だと、事前に駐車場の雪かきをしなくても新雪も簡単に乗り越えてくれます。轍などにはまったときも搭載されているX-MODEを…

シートが心地よい。街中での小回りはいま一つ。

4.0

良い点 シートが程よい硬さで、運転スペースも広いため長時間運転していても疲労感が少ない。 180cm男性だと運転時の目線も程よく、周囲を確認しやすい。 トランクが非常に広く、大量の荷物が収納可能。 後部座席をたたむと更に…

大阪府でグレードから探す - フォレスター(スバル)の中古車

ページトップへ