インプレッサ WRX STi(スバル) 神奈川県川崎市高津区の中古車

1件中 1-1

をお気に入りに追加 在庫確認・見積り(無料)

スバル インプレッサ WRX STi オプションレカロコンビレザーシート STIフロントスポイラー タワーバー バッテリーステー プレッシャーキャップ HKSマフラー DAMDステアリング ZEROスポーツクーリングパネル スマートキー
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 199.9万円
  • -
  • 2011年
  • 7.0万km
  • 2000cc
  • 2022年6月
  • 修復歴あり
  • 保証なし
  • 法定整備なし
  • 色:プラズマブルーシリカ

オプションレカロコンビレザーシート STIフロントスポイラー スマートK

インプレッサの中古車相場を見る 1件中 1-1

インプレッサ

インプレッサはスバルの世界戦略車として1992年に産声をあげた。初代インプレッサはコンパクトセダンの位置づけであったが、2代目からはボディーサイズが拡張され、スポーツワゴンの位置づけとなった。なお、スポーツワゴンというカテゴリー自体のパイオニアが本車種でもある。世界ラリー選手権にも参戦していた車種であり、悪路走破性も高く評価されている。さらに、スバルの伝統的技術でもある水平対向4気筒BOXERエンジンを搭載することにより、低振動・低重心を実現しており、一般道・高速道路においてもスポーツカー並の走行性能と乗り心地の良さを両立している。同エンジンの搭載による低重心化は空気抵抗の減少をはじめとした副次効果をも生み出しており、クラストップレベルの低燃費性能をもたらした。リッター当たり15km~20kmという燃費の良さは、街乗りの多いオーナーにも嬉しいポイントである。なお、中古市場ではカローラフィールダー、フィットシャトル、ウイングロードなどが比較対象車となるが、世界ラリー選手権参戦時代から蓄積されたノウハウを注いだ走破性能において、インプレッサは他車種を凌駕しており、中古車市場においても人気が高い。

インプレッサ(スバル)の口コミ・評価

車に乗り慣れていない方でも運転しやすい車

5.0

購入当時、私はペーパードライバー歴7年の状態で購入しました。 なぜその状態でこの車を選んだかと言うと、試乗させてもらった際、「加速・減速がスムーズ、コーナリングが滑らか、振動が少ない」と直感的に感じたためです。 車の知識…

加速力があり、操作性も抜群の車です。

4.0

友人が当時、所有していたスバルのインプレッサに乗車した事があります。インプレッサを運転してみてまず初めに感じたのは、加速力がある点でした。軽くアクセルを踏み込んでいくだけで、加速していくので信号待ちや坂道でもスムーズでし…

神奈川県でグレードから探す - インプレッサ(スバル)の中古車

ページトップへ