パレットSW XS(スズキ) 広島県の中古車

ご希望の条件に該当する自動車は登録されていませんでした。
検索条件を変更してください。

パレットSW

スズキ「パレットSW」は2009年から発売となったトール型ワゴン。SWは「Super Wagon」の頭文字を意味していて、パレットのスポーティーグレードをより個性的なフロント周りにし、専用のアルミホイールなどを採用しているのがノーマルとの大きな違いと言える。インテリアはブラックで統一されており、ルーフスピーカーには青色LEDが使用されるなど男性に好まれやすい仕様となっている。生産終了までモデルチェンジなどはパレットと同時期に行われており、2013年以降は基本的なコンセプトはスズキ「スペーシアカスタム」に引き継がれた。メインターゲットはデザインにこだわる若い家族で、ノーマルパレットに比べてシャープな顔つきが印象的だ。グレードによるが両側電動スライドドアが採用されているのも、小さい子供がいる家族にも使い勝手が良い。またノーマル・SW関係なくスタビライザーや副変速機構付CVTが搭載されているのも嬉しいポイント。中古市場では、新古車も出回っており見つけやすいので新しいモデルも見つけやすい。最近の軽自動車ブームによりライバル車のダイハツ「タントカスタム」やホンダ「NBOX カスタム」同様にファミリーカーとしても需要が高い車種だ。

ページトップへ