スペーシア ハイブリッドX(スズキ) 長崎県の中古車

5件中 1-5

をお気に入りに追加 在庫確認・見積り(無料)

スズキ スペーシア ハイブリッドX SDナビ ETC フルセグTV DVD再生
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 129.9万円
  • -
  • 2018年
  • 2.5万km
  • 660cc
  • 車検なし
  • 修復歴なし
  • 保証なし
  • 法定整備なし
  • 色:フェニックスレッドパール

気になる点がございましたら、フリーダイヤルよりお気軽にお電話下さい☆

スズキ スペーシア ハイブリッドX SDナビ 全方位カメラ 両側パワースライド
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 159万円
  • -
  • 2019年
  • 10km
  • 660cc
  • 2022年10月
  • 修復歴なし
  • 保証なし
  • 法定整備なし
  • 色:オフブルーメタリックII

全方位カメラ セーフティパッケージ シートヒーター スマートキー

スズキ スペーシア ハイブリッドX SDナビ 両側パワースライド 全方位カメラ
グー鑑定車
  • 外装
  • 内装
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 154万円
  • -
  • 2019年
  • 9km
  • 660cc
  • 2022年9月
  • 修復歴なし
  • 保証なし
  • 法定整備なし
  • 色:ピュアホワイトパール

シートヒーター 両側パワースライド セーフティパッケージ スマートキー

スズキ スペーシア ハイブリッドX SDナビ フルセグ アップグレードパック
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 139万円
  • -
  • 2018年
  • 0.7万km
  • 660cc
  • 2021年3月
  • 修復歴なし
  • 保証なし
  • 法定整備なし
  • 色:ブリスクブルーメタリック

両側パワースライド シートヒーター LED スマートキー

スズキ スペーシア ハイブリッドX 1オーナー 禁煙車 衝突被害軽減ブレーキ
あんしん、まる見え。
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 137万円
  • 143.5万円
  • 2018年
  • 587km
  • 660cc
  • 2021年7月
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:シルバー

走行距離も少なく、車検残も充分有りますよ♪

スペーシアの中古車相場を見る 5件中 1-5

スペーシア

スズキの軽トールワゴン「スペーシア」は、同社から発売されていた「パレット」の後継モデルとして誕生した。後継モデルとあって両側スライドドアや 副変速機付CVTという特徴やエクステリアはパレットから継承されているが、ホイールベースが延長されたことによりその分が室内のスペースにあてられている。ハイトールワゴンの弱点ともいえる高剛性もボディの鋼坂の強化により解決され、エンジンもR06A型の搭載によりエンジン単体の燃費効率も良いものになっている。またエネチャージなどのスズキの低燃費技術「スズキ・グリーン・テクノロジー」にも対応しており、カタログ燃費ではNA・2WDで29.0km/L、ターボ・2WDで26.0km/Lという数字を実現。これはライバル車種のホンダ「N BOX」やダイハツ「タント」と並び業界トップクラスの低燃費であり、「平成27年度燃費基準+20%」も達成している。パレットは子育て世帯の需要を想定した軽自動車で性能よりもデザインや使い勝手が重視される傾向にあった。そのコンセプトはスペーシアでも失われておらず、ラゲッジスペース以外の収納スペースの確保やツートンカラーを含む豊富なボディカラーを展開している。

エリアから探す - スペーシア ハイブリッドX(スズキ)の中古車

スペーシア(スズキ)の口コミ・評価

車内も広くて、運転もしやすい

4.0

車内の広さがかなりあるなと感じました。 それと車内から見る目線も、かなり開けていてとても見やすく運転もしやすかったです。 やはり小回りも聞くし、運転のしやすさは大きい車と比べると格段に違います。 馴れるまでは、ぎこ…

運転が下手ならスペーシア

4.0

スペーシアに乗る前はワゴンRで、どちらも乗りやすいですが、スペーシアは、窓が広く見渡しがさらによいイメージがあります。運転が下手で、小回りがきく車が大前提だったのですが、ミラーも広く運転しやすいです。雪国で、冬の走行が心…

ページトップへ