検索結果

ご希望の条件に該当する自動車は登録されていませんでした。
検索条件を変更してください。

ワゴンR

ワゴンRはスズキの軽トールワゴンである。1993年の製造開始以来、現在に至るまで4回のモデルチェンジを行っており、現在が5代目となっている。製造開始当時は軽自動車といえば室内の居住空間が狭いというイメージが持たれていたが、ハイルーフ構造を採用したことで居住性が向上し、好調な販売につながった。中古車市場で流通が多いのは2003年製造のSRSエアバッグ、パワーステアリング、パワードアロック、キーレスエントリーなどを装備したB型以降の車種。スポーツタイプに直接噴射式ターボエンジンを搭載し、全グレードにタコメーターを標準装備した2003年以降のフルモデルチェンジ後の3代目も人気がある。センターピラー部のクォーターウィンドウが廃止され、リアドアの開口部の幅を広げて後部への乗降が改善された4代目は2008年以降のモデルで、このクラスの同業他社に比べ燃費性能も向上したことから中古車市場では根強い人気になっている。エネチャージの採用で走行にも魅力が増した。

熊本県から探す - スズキ ワゴンRの中古車

エリアから探す - スズキ ワゴンRの中古車

ワゴンR(スズキ)の口コミ・評価

ワゴンR、すべての面で平均以上でおすすめです

4.0

2017年12月に新車購入しました。購入理由は、車種ブランドとスタイリングとハイブリッド機能と安全装備の4つが大きなものです。 ワゴンRが93年に発売された当時から、こなれたスタイリングが気に入っていましたので、いつかは…

軽のハイブリッド

4.0

軽のハイブリッドということで、燃費が素晴らしくいい。エアコンを使わない時期には、リッター28キロに迫る勢いだった。価格の割には、内装が充実している。セーフティーパッケージということで、いろんな警告が出るが、ぼんやりミスが…

価格から探す - ワゴンR(スズキ)の中古車

ページトップへ