ワゴンR RR(スズキ) 2000年 神奈川県の中古車

ご希望の条件に該当する自動車は登録されていませんでした。
検索条件を変更してください。

ワゴンR RR

1993年に初代ワゴンRが誕生した。軽自動車の弱点を覆すこの車は、室内の広さ、居住性の良さ、走行性能の良さを実現し、軽のトール型ワゴンの先駆者となる。全乗用車の登録台数も常にトップクラスを維持する車種となるも、さらにマイナーチェンジを繰り返す。初代最後の年、5年後の1998年にK6Aターボ搭載のスポーツモデルとして「ワゴンR RR」が追加された。変速器は4速ATを設定。さらに2か月後には「RR-F」を発売し、5ドアモデルも追加となる。若い男性向けに開発されたワゴンRであったが、実用性の高さから実際には老若男女に受け入れられた経緯がある。ターボ搭載モデルを追加することで、スポーティさを強調し、若い男性をターゲットにしていることを強調。2003年フルモデルチェンジで3代目になり、スポーツモデルは「RR」と「RR-DI」だけとなる。「RR-DI」は直噴DOHCターボ搭載でワゴンRのシリーズの中でも最速版に位置し、軽自動車と感じさせない軽快な走りを実現。スポーツモデルであっても環境に配慮した性能も備えている。そして、2006年には「RR」にMターボエンジンを搭載した特別仕様車「RR-Sリミテッド」が発売されるものの、4代目のモデルチェンジ時の2008年に「RR」は廃止され、スポーツモデルは「スティングレー」に統一された。中古車市場では、3代目モデルであれば40万~70万円台となっている。

ページトップへ