検索結果

ご希望の条件に該当する自動車は登録されていませんでした。
検索条件を変更してください。

カローラフィールダー

トヨタカローラの派生車種であるカローラフィールダー。ステーションワゴン型の乗用車で、通称は「フィールダー」と呼ばれている。カローラツーリングワゴンの2000年のモデルチェンジにより、後継車として開発された。カローラシリーズ内での販売比率が高く、中古車市場でも個人需要、法人需要ともに高い人気を誇っている。2012年に発売された3代目となるE16#G型は、プラットフォームの変更により、小型・軽量化を実現。先代より全長を60mm短縮しながらも、リア膝前スペースを40mm拡大するなど、室内空間が広がり快適運転が期待できる。荷室も90mm長くなり、より多くの荷物が積めるようになった。ますますファミリー層からの人気が高まった。コンパクトでありながら、大人5人がゆったり乗ることができる日産ノートと比較されることが多い。2013年にサクシードワゴン、プロボックスワゴンが相次いで販売終了となったため、2014年にはカローラフィールダーが、トヨタ唯一の5ナンバーボディ採用のステーションワゴンとなった。車体のコンパクト化を実現した3台目モデルの燃費は16~33km/Lと、燃費性能も申し分ない。軽快な走りの1.5Lと、高い動力性を備えた1.8Lの2種類。中古車市場での価格帯は、年式・走行距離にもよるが100~200万円台が中心となっている。

カローラフィールダー(トヨタ)の口コミ・評価

燃費がよく、静かな走り

5.0

総合的に満足している。外観内観共にスタイリッシュであり、黒を基調としてシンプルなデザインにも満足している。また、発進時や走行中も静かな走りをするためとても満足である。更に燃費の良さもいい所である。平地を走る場合は40km…

流石、トヨタの車です

4.0

新車で購入して11年目・24万キロ近く乗りましたので、そろそろどこか不具合が出てもおかしくない状況なのですが、異常個所は全く出てきません。「カローラは壊れない」という噂通り、流石、世界のトヨタ車は素晴らしいですね。それと…

ページトップへ