クラウンマジェスタ

トヨタクラウンマジェスタは、9代目クラウンと共に1991年に誕生した。クラウンとセルシオの間の車種として登場した高級車。エンジンは、クラウンの直列6気筒と、V型8気筒の2種類を用意し、初代から4代目まではヘッドアップディスプレイの標準装備が特徴。「いつかはクラウン」との言葉があったように、購買層の年齢設定は高め。買い物や通勤、レジャーなどの使用目的で使う場合が多い。4代目で直列6気筒がなくなり、V型8気筒のエンジンに統一されるものの、2013年のフルモデルチェンジによる6代目では、V型8気筒エンジンは廃止され、V型6気筒との組み合わせによるハイブリッド専用車へと生まれ変わり、車種名も、「クラウン」に変更。「クラウン」の中の「マジェスタシリーズ」という位置づけに変わり、独立車種ではなくなった。環境に配慮した便利な高級車へと生まれ変わった「マジェスタ」は旧型に比べ大幅な燃費の向上を実現している。その他ドライバーを補佐するドアミラーに搭載された「LEDインジケーター」や、障害物の接近をブザーで知らせる「クリアランスソナー」などを装備し、さらに操作性や安全性を増した内容となっている。価格帯は、中古車はばらつきがあるものの、200万から400万円台が多い。

クラウンマジェスタ(トヨタ)の口コミ・評価

高速走行時の安定感は古さを感じさせず流石トヨタの高級車というべきか静かで車内に振動もなく乗り心地が良かったです。

5.0

先ず車内に乗るとスピードメーターがフロントガラスの内側に表記され、運転手のみに見える機能がありとてもオシャレだと思いました。また助手席のリクライニングを運転席から行うことが容易でもちろん電動なので後ろに人が乗る時も楽々で…

流石の日本の高級車

4.0

エクステリアは、シンプルいて、媚びてない。でも高級感が伝わるフォルム。大人なVIP感が溢れ出ています。 エンブレムも程よい主張でとってもかっこいいです。これ以上デカイと嫌味に感じそうです。 インテリアも申し分なしの高級感…

沖縄県でグレードから探す - クラウンマジェスタ(トヨタ)の中古車

ページトップへ