ハリアー プレミアム(トヨタ) 宮崎県の中古車

6件中 1-6

をお気に入りに追加 在庫確認・見積り(無料)

トヨタ ハリアー プレミアム 純正9型ナビ/モデリアスタエアロ/ドラレコ/パワーバックドア/ETC/オートハイビーム/オートライト/クルーズコントロール/ステアリングリモコン/純正フロアマット/純正ドアバイザー/電動格納ミラー
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 218万円
  • -
  • 2017年
  • 7.8万km
  • 2000cc
  • 2024年2月
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備なし
  • 色:ホワイトパールクリスタルシャイン

ハリアー入荷!ハリアーのことならおまかせ!

トヨタ ハリアー プレミアム ビックXナビ Bカメラ 後席モニタ エアロ
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 299.9万円
  • 324.8万円
  • 2017年
  • 4.2万km
  • 2000cc
  • 車検なし
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備なし
  • 色:ホワイトパールクリスタルシャイン

ハリアー入荷!ハリアーのことならおまかせ!

トヨタ ハリアー プレミアム BIGX9型ナビ 禁煙車 パワーシート 衝突被害軽減ブレーキ レーダークルーズコントロール Bluetooth再生 バックカメラ LEDヘッド ETC オートハイビーム
グー鑑定車
  • 外装
  • 内装
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 269.7万円
  • 282.2万円
  • 2017年
  • 5.8万km
  • 2000cc
  • 2024年3月
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:ブラック

衝突被害軽減ブレーキ レーダークルーズコントロール バックカメラ ETC

トヨタ ハリアー プレミアム 4WD メモリーナビフルセグTV Bluetooth バックカメラ ETC オートクルーズコントロール パワーシート オートライト LEDヘッドライト 電動リアゲート 純正18インチAW
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 310万円
  • 325万円
  • 2017年
  • 4.6万km
  • 2000cc
  • 車検整備付
  • 修復歴なし
  • 保証なし
  • 法定整備つき
  • 色:ホワイトパールクリスタルシャイン

バックカメラ ETC オートクルーズコントロール パワーシート

ハリアーの中古車相場を見る 6件中 1-6

ハリアー

ハリアーは高級セダンの乗り心地を持ったSUV、いわゆる、高級SUVという新しい位置づけの車種として1997年に販売が開始された。都市部での高速道路走行と悪路での走破性能を兼ね備えたクロスオーバー性をコンセプトとしている。さらに、高級セダン車と同等以上の室内空間を演出することも大前提であり、車高の高さや足回り、エンジン、車内装備など、いずれもトヨタの技術の粋を詰め込んだ特徴的なモデルとなった。このため、発表当初からほかに類のない斬新なスタイルであると世界中から注目を集め、後に多くのメーカーが追従することになった。バックモニターやパーキングセンサーなどの装備により日常での取り回しを向上させており、運転のしやすさも実現している。また、2005年よりハイブリッド仕様のハリアーハイブリッドが新たにラインナップされ、高い加速性能と低燃費性能を見事に融合させることに成功した。燃費は、ハイブリッド仕様が高速走行でリッター当たり20km前後、通常車でも15km前後とクラストップレベルの性能を誇っている。また、中古市場ではムラーノ、CRV、エクストレイル、レガシィアウトバックなどが主な競合車種となるが、燃費性能と知名度などではハリアーは人気のモデルである。

エリアから探す - ハリアー プレミアム(トヨタ)・2017年の中古車

ハリアー(トヨタ)の口コミ・評価

とにかくカッコよくて最高な車。

5.0

ハリヤーは人気の高い車なので、それに乗っているだけで一つのステータスになると思っています。外観はもちろん、内装もかっこいいですし、荷物もたくさん載ります。安全装置機能も充実していますし、性能については本当に満足しています…

長距離運転でも全く疲れを感じさせない

5.0

アンダーボディには遮音材の使用面積を拡大し、成形一体型を使用して遮音性を高めています。 ダッシュパネルには吸音材を配置し、さらに塗布型の制振材を使いました。エンジンルームは、ボンネット下やフロントフェンダー上部に吸音材と…

ページトップへ