ハリアー プレミアム スタイルノアール(トヨタ) 京都府の中古車

2件中 1-2

をお気に入りに追加 在庫確認・見積り(無料)

トヨタ ハリアー プレミアム スタイルノアール トヨタ認定中古車 フルセグ ETC アルミ クルコン バックM パワーシート 衝突軽減ブレーキ LEDヘッドランプ スマートキー メモリーナビ
あんしん、まる見え。
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 275万円
  • 283.9万円
  • 2019年
  • 4.0万km
  • 2000cc
  • 2022年9月
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:ホワイトパールクリスタルシャイン

SDナビ・地デジ・衝突被害軽減装置・運転席パワーシート付。(U-mix)

トヨタ ハリアー プレミアム スタイルノアール トヨタ認定中古車 フルセグ ETC アルミ クルコン バックM パワーシート 衝突軽減ブレーキ LEDヘッドランプ スマートキー メモリーナビ
あんしん、まる見え。
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 285万円
  • 294万円
  • 2019年
  • 2.3万km
  • 2000cc
  • 2022年8月
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:ホワイトパールクリスタルシャイン

SDナビ・地デジ・運転席パワーシート・オートドライブ付き。(U-mix)

ハリアーの中古車相場を見る 2件中 1-2

ハリアー

ハリアーは高級セダンの乗り心地を持ったSUV、いわゆる、高級SUVという新しい位置づけの車種として1997年に販売が開始された。都市部での高速道路走行と悪路での走破性能を兼ね備えたクロスオーバー性をコンセプトとしている。さらに、高級セダン車と同等以上の室内空間を演出することも大前提であり、車高の高さや足回り、エンジン、車内装備など、いずれもトヨタの技術の粋を詰め込んだ特徴的なモデルとなった。このため、発表当初からほかに類のない斬新なスタイルであると世界中から注目を集め、後に多くのメーカーが追従することになった。バックモニターやパーキングセンサーなどの装備により日常での取り回しを向上させており、運転のしやすさも実現している。また、2005年よりハイブリッド仕様のハリアーハイブリッドが新たにラインナップされ、高い加速性能と低燃費性能を見事に融合させることに成功した。燃費は、ハイブリッド仕様が高速走行でリッター当たり20km前後、通常車でも15km前後とクラストップレベルの性能を誇っている。また、中古市場ではムラーノ、CRV、エクストレイル、レガシィアウトバックなどが主な競合車種となるが、燃費性能と知名度などではハリアーは人気のモデルである。

エリアから探す - ハリアー プレミアム スタイルノアール(トヨタ)・2019年の中古車

ハリアー(トヨタ)の口コミ・評価

ハリアー CBA-ACU30Wの感想

4.0

初めて購入したSUVがこの型のハリアーです。 見た目が好きで購入しました。 乗ってみた感想は、乗り心地も良くインテリアも高級感が溢れていました。 当時はタバコも気兼ねなく吸えた時代なので、灰皿も付いていました(車内では吸…

乗った感覚では燃費の良さと走行音の静かさが良かったです。

4.0

ハイブリットカーならではで、燃費性能の優秀さが特に魅力でした。ガソリンがそれほど減らないので、月々の給油量も大きく抑えられるメリットがあると思います。ガソリンの給油は、車の維持費の中でも割合が非常に大きいです。燃費が良い…

ページトップへ