フォルクスワーゲンの中古車

フォルクスワーゲンの中古車登録台数 8,151

フォルクスワーゲンは、ドイツのウォルフスブルグ市に本社を置く総合自動車メーカーである。フォルクスワーゲンが常に最優先としてきたのが安全性能。横滑りやスリップなどの危険を回避する技術、衝突時の乗員への衝撃を軽減する仕組み、ドライバーの運転をサポートするシステムなど、安全性を高めるさまざまな技術を開発している。そしてこれらの技術は、日本のみならず世界各国の安全性能評価において最高評価を受けるなど、その評価は高い。主な生産車種は、SUV、セダン、オープンカー、ミニバン、ワゴンなどであり、幅広い車種を揃えている。また、2000年度より14年連続「輸入車ブランド別新車販売台数」シェア1位の実力は、中古車市場においても同様であり、その人気は安定している。ゴルフ、ポロ、ビートルなどが人気である。

車名から探す - フォルクスワーゲンの中古車

英数字

ア行

カ行

カラベル

カラベル

(9)

210698万円

カルマンギア

カルマンギア

(17)

180394万円

サ行

タ行

タイプII

タイプII

(51)

180680万円

タイプIII

タイプIII

(21)

98253万円

ナ行

ハ行

ヤ行

ユーロバン

ユーロバン

(5)

109253万円

ラ行

ルポ

ルポ

(42)

9108万円

その他

エンジンタイプから探す - フォルクスワーゲンの中古車

乗車定員から探す - フォルクスワーゲンの中古車

装備から探す - フォルクスワーゲンの中古車

ニュース - フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲン ティグアン 改良新型、ティザースケッチ
フォルクスワーゲン ティグアン 改良新型、ティザースケッチ
フォルクスワーゲンは4月17日、『ティグアン』(Volkswagen Tiguan)の改良新型を間もなく、初公開すると発表した。
フォルクスワーゲンの高性能車「R」、ブランド大使にドリフトチャンピオンを起用
フォルクスワーゲンの高性能車「R」、ブランド大使にドリフトチャンピオンを起用
フォルクスワーゲン(Volkswagen)は4月9日、高性能車の「フォルクスワーゲンR」のブランド大使に、タナー・ファウスト氏を起用すると発表した。

試乗レポート - フォルクスワーゲン

【VW シャランTDI 新型試乗】貴重な輸入ディーゼルミニバン、その実力は…渡辺陽一郎
【VW シャランTDI 新型試乗】貴重な輸入ディーゼルミニバン、その実力は…渡辺陽一郎
クルマの選択肢は、日本車、輸入車を取り混ぜて豊富だが、クリーンディーゼルエンジンを搭載するミニバンは少ない。日本車では三菱『デリカD:5』とトヨタ『グ...
【VW ゴルフTDI 新型試乗】ディーゼル色は希薄だが、機能と価格のバランスが魅力…渡辺陽一郎
【VW ゴルフTDI 新型試乗】ディーゼル色は希薄だが、機能と価格のバランスが魅力…渡辺陽一郎
2019年に日本で最も多く売られた輸入車はVW(フォルクスワーゲン)『ゴルフ』だった。欧州では2019年に8代目の新型が発表されたが、日本では今でも7...