V90(ボルボ) 大阪府の中古車

7件中 1-7

をお気に入りに追加 在庫確認・見積り(無料)

iボルボ ボルボ V90 クロスカントリー T5 AWD サマム 革シート LEDライ
グー鑑定車
  • 外装
  • 内装
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 578万円
  • 598万円
  • 2018年(H30)
  • 0.8万km
  • 2000cc
  • 検33.4
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:メープルブラウンメタリック(722)

認定中古車 レザーシート LEDライト 禁煙車 ワンオーナー

iボルボ ボルボ V90 クロスカントリー T5 AWD サマム ワンオーナー禁煙車
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 558万円
  • 588.5万円
  • 2018年(H30)
  • 0.5万km
  • 2000cc
  • 検33.2
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:メープルブラウンメタ

360°ビューモニター 本革エアーシート 保証継承点検渡しです。

iボルボ ボルボ V90 T6 AWD インスクリプション 認定 革シート サンルーフ
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 568万円
  • 588万円
  • 2017年(H29)
  • 1.1万km
  • 2000cc
  • 検32.3
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:マジックブルーメタリック(467)

認定中古車 レザーシート LEDライト 禁煙車 ワンオーナー

iボルボ ボルボ V90 T6 AWD インスクリプション レザー サンルーフ B&W
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 528万円
  • 554万円
  • 2017年(H29)
  • 1.0万km
  • 2000cc
  • 検32.11
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:オニキスブラックメタ

パノラマサンルーフ 360°ビューモニタ- 20インチアルミ Aテール

iボルボ ボルボ V90 T8 ツインエンジン AWD インスクリプション PHEV
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 768.9万円
  • -
  • 2018年(H30)
  • 0.4万km
  • 2000cc
  • 検33.3
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:クリスタルホワイトパール

認定・LED・PHEV・茶革ベンチレーション・360View・専用19A

iボルボ ボルボ V90 T8 ツインエンジン AWD インスクリプション PHEV
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 727.7万円
  • -
  • 2017年(H29)
  • 2.2万km
  • 2000cc
  • 検32.9
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:クリスタルホワイトパール

認定・LED・PHEV・茶革ベンチレーション・360View・専用19A

iボルボ ボルボ V90 T6 AWD インスクリプション
グー鑑定車
  • 外装
  • 内装
  • 本体価格
  • 支払総額
  • 年式
  • 走行距離
  • 排気量
  • 車検
  • 修復歴
  • 537.7万円
  • -
  • 2017年(H29)
  • 1.7万km
  • 2000cc
  • 検32.6
  • 修復歴なし
  • 保証あり
  • 法定整備つき
  • 色:マジックブルーメタリック

1オーナー・本革シート・SR・純正ナビ・B&W・電動リアゲート・禁煙車

V90の中古車相場を見る 7件中 1-7

V90

ボルボ
V90

中古車価格 25.9~849万円 口コミ・評価 5.0点(1件

大阪府で探す - V90(ボルボ)の中古車

エリアから探す - V90(ボルボ)の中古車

V90(ボルボ)の口コミ・評価

洗練された外観と乗り心地。従来のボルボとは別物。

5.0

まず惹かれるのはその「スカンジナビア・デザイン」 荷台を広くとるなど、機能性を高める余地はあるはずなのに、あえて美しさを優先したデザイナーの心意気がうかがえる。 前モデルの V70 も頻繁に乗車していたが、どこかファミリ…

ページトップへ